秋のバラ Ⅱ

バラの実の次はバラの棘。
 
091014_01
怖いほどの大行列
 
091014_02
飛び飛びにお行儀良く並ぶタイプ
 
091014_03
丸々コロン♪として可愛い
 
091014_04
鋭い!見るからに痛そう
 
091014_05
細いわ長いわ、触るとこ無し
 
091014_06
棘むくじゃら?
 
 
 
バラの棘は一年中あるものですが、秋は葉っぱが少ないのでより良く観察できます。
棘も個性豊か。形も色も本数もバラエティに富んでいます。特にオールド・ローズが見ていて楽しいです。切りバラや新しい品種のバラとはちょっと趣きが違います。
 
こんなものばかり撮っていると、本館の薔薇図鑑が超面白図鑑になって行きそう。
ちゃんとお花の写真も撮ってありますから。秋のバラⅢもありますから。。。

コメント

  1. Keiko より:

    ちょっとあせって本館へ秋のバラIIIを探しに行ってしまいました。(汗)
    芸術的ですねぇ、この棘たち。
    実は、恥ずかしながらボタニカルアートなる物を始めました。
    まだまだブタニカルっていう感じですが、
    そのうちこういう棘なんかも描いてみたいなぁ。^^

  2. ラ・ロズレ より:

    あ・・・本館はまだ更新していないんです。すみません^^;
     
    私は絵は全然だめで、ボタニカルアートなんて細かいのは特に・・・
    ボタニカルアートを描くか、そうでなければ1,000円払えと言われたら、迷わず1,000円払います。それくらいダメです。
    すごいなぁ~尊敬~~~♪

  3. Keiko より:

    私もボタニカルどころか、絵というものにアレルギー状態だったんですがねぇ。
    なんか、幼い子に紙とクレヨン持たせるとおとなしくなるみたいな感じでやり始めました。(笑)
    では、10,000円ではどうですか?(笑)

  4. ラ・ロズレ より:

    1万円だったら・・・一応努力します。
    で、抽象画ボタニカルアートです!と言いながら走って逃げます^^;;;
     
    ところで、どなたかKeikoさんをおとなしくさせたい方がいらしたのでしょうか?
    私はお菓子をいただければいつでもおとなしくしま~す♪

タイトルとURLをコピーしました