花を贈る人々

今朝のニュースで、国際婦人デーで女性にお花を贈るロシアの様子を報じていました。
去年の夏にロシアでガイドさんに聞きましたが、ロシアの男性はよく女性にお花を贈るそうです。もちろん薔薇が人気だそうです。
今朝のテレビでも色とりどりのたくさんの薔薇が写っていました。チューリップやカラフルな春のお花もたっぷりありました。
両手一抱えもある大きな花束をいくつも車に積み込んでいた若い男性は「女性に贈るものですから高くても仕方がありませんね」とインタビューに答えていました。
ほほぅ、そういう考え方ですか。素晴らしい!(笑)
最後にひとりのおじさんが「薔薇は高いから」といって真っ赤なカーネーション2輪の花束を持ってはにかんでいたのもかわいかったです。
 
国際婦人デーにお花を贈るって・・・家族のみならず職場の女性にも贈ったりするようですが・・・よくわかりませんけれど母の日を婦人に置き換えたような感覚の贈り物なのでしょうか。女性のみなさんいつもありがとうって?
 
大きな花束のおにーさん、それにカーネーションのおじさん。それぞれが花束を渡すシーンなんかを想像すのも、オムニバス映画のようで楽しくありませんか?

コメント

  1. 桃李 より:

    日本じゃダーズン・ローズ・デーすら浸透しないのは、日本発だからでしょうか…?
    それとも日本男児は女性に花を贈るのが苦手なのでしょうか…?
    殆んどの女性は花を贈られるのが大好きなのに(笑)
    ※リンク完了しました。
    快諾ありがとうございました。

  2. ラ・ロズレ より:

    ををっ!わざわざご報告ありがとうございます。
     
    お花、頂ける物ならばっ!
    でも、何が悔しいって、バレンタインデーに男性がチョコを貰う側だってことではありませんか?
    私もチョコ欲しいです^^;薔薇より欲しいかもです^^;;;
    こういうのを『花よりチョコ』って言います。(だから?(笑))

  3. 桃李 より:

    マシュマロやクッキー贈られるくらいならチョコですとも!(キッパリ
    でも薔薇のチョコだったらどうします?
    恐れ多くて食べられませんねぇ…(* ̄ー ̄)ニヤリ

タイトルとURLをコピーしました