以前は電車の中は読書の場でしたが、スマホを手に入れてからはテレビの録画を見る場にもなりました。
今日の帰りの電車で見ていたのは「100分で名著」(Eテレ)。
この番組は面白いですよ、世界の名著を25分X4週=100分で解説してくれます。
前回は『罪と罰』で前々回は『アラビアンナイト』でした。
1月の名著は『風姿花伝』、世阿弥&能の世界です。
第1回目のテーマは”珍しきが花”。
花ですよ、バラも花ですが、少し違う意味のある花。
第4回目にも”秘すれば花”で花が出てくるようです。
『風姿花伝』のお話し、面白かったです。
日常生活の中で相撲用語は頻繁に使うとは思っていましたが(白組に軍配とか、同じ土俵でとか・・・)、”初心忘るべからず”なんていうのは世阿弥ですからこちらも結構日常使っていますね。
掘り下げていくと日本人の思想のルーツみたいなものに辿り着けるのでしょうか?