見惚れる

写真整理の作業中「あぁ・・・バラって美しいなぁ・・・」と手を止めてじーーーーーっと見つめた写真。

ここを覗きにいらっしゃる皆様はマニアック仲間なはずですから、好みの違いはあったとしても否定はしませんよね(^^)
これが、全然違う感覚の人だと「はぁ?」なのでしょうけれど。

先日(3/20の記事)の蔦屋書店の「蔦」柄のTポイントカードだって、職場のYさんに
「ちょっと良くない?」と言ったら
「良くない!」と瞬時に一刀両断(笑)
彼女にとってはカラフルなものや可愛いものが良いものらしいです。
あれも一部の人には見惚れるデザインなのにね。

ベランダに出ると、そろそろバラの葉にも見惚れる頃です。
オールドローズの芽の動きは遅めが多いのでやきもきします。
マダムなど高貴なお方はアクセクせずのんびりお出ましです。
慌てて支度をしたり駅まで走ったりするのは庶民だけです( *´艸`)フフフ

コメント

  1. Keiko より:

    本当に美しいです、見惚れてしまいます。

    >そろそろバラの葉にも見惚れる頃です。
    はい、数日前から水やりを頻繁に(ほぼ毎朝)やるようになりましたが今朝は水を撒きながらいくつものバラの葉っぱに、その色の妙に何度も立ち止まっていたところです。
    葉っぱは花が咲きだす頃には少し疲れが見えてきますが今は最高に美しいですね。

    • ラ・ロズレ より:

      なんか、立ち止まって、はぁぁ・・・と思いますよね。
      って、それはそうと、水やりがほぼ毎日になりましたか。
      私も気をつけて鉢を見なければ。
      今年もまた油断して水切れさせてはいけません。
      冬なんて週一でもよかったのに、なんか調子が取り戻せない春って危険です。
      ここで失敗するととても美しくない葉ができちゃいます^^;

  2. もも より:

    本当に美しいです、見惚れてしまいます。パクリ(笑)。
    だって、本当にそう思いましたから!

    花びらがなくても、見た瞬間にデュプレ嬢だと分かる佇まい。
    記憶の引き出しを探すまでもない存在。
    しっかりとした葉もまた美しい…☆ミ
    この美を味わえるのだから、バラオタクで良かったと思ってしまいした。^^

    だって私、一部の人には見惚れるデザインに惚れた一部の人ですし。
    ロズレさんが刺さってくれたことも嬉しいです!

    カラフルなものも好きだけど、引き算のなかに現れる美しさも抗えないほど好き。絶妙な余白とか、洗練されたラインとか…ってデザインの話なのに、デュプレ嬢の写真に話がリンクしますねー♪

    あー、だから、主にバラを語るブログなのに、キラキラテクスチャなしのシンプルテイストに仕上げちゃうんだわ…って私のことですよ。
    ロズレさんにも同じにおいがぷんぷんとしまくってますよね…(笑)。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      京成バラ園ではかなり際に植わっているデュプレ嬢です。
      ももさんは最初に、私は最後に歩くあたりですね。
      花ー花弁=しべ・・・これも引き算に違いありません?(^^)
      すべてはバラのために、というとどこぞのメーカーになってしまいますが、どんな色のバラでも赤でも黄色でもピンクでも映えるモノトーンのバックグラウンドをご用意させていただいております。
      件のYさんは、巨大なキティの頭のパスケースを愛用して息子さんにとやかく言われるタイプの人で、そもそも基本が違います。
      キティの顔も余白多いですが、ちょっと違うのよね(^O^)

タイトルとURLをコピーしました