阿修羅展

本日、上野まで阿修羅さんに会いに行って参りました。
現在、阿修羅さんちは新築工事中。仮住まいでの暮らしもナンダカナァと思われたのでしょうか、阿修羅さんは八部衆と十大弟子の皆々様を引き連れて、興福寺から国立博物館に、羽を伸ばしがてら出稼ぎにいらっしゃっています。
興福寺ではガラスのお部屋にいらっしゃいます。国立博物館ではガラス無しの広いお部屋にいらっしゃいます。腕も伸ばしておられますが、たぶん見えない羽も伸ばしておられることと愚考いたします。
興福寺では絶対にできない阿修羅さん1周もできて大変ご挨拶のし甲斐があります。
正面のお顔はもちろん、左のお顔も、右のお顔も、惚れ惚れと拝見して参りました。
阿修羅展、かなりオススメです。
 
 
–*–*– 追記 –*–*–
 
役に立つかどうかわかりませんが、念のため追記。
 
私は土曜日の午前中で入場40分待ちでした。
日光・月光さんも、受胎告知もそんなものなので、驚く程ではないレベルです。
国立博物館も慣れたもので、40分と言われたら本当にそれくらいで入れます。
ただし行列場所は野天です。屋根はありません。
国立博物館では日傘も貸してくれます。とは言え、日傘の数にも限りがありますので、昼間にいらっしゃる予定の方は、暑さ対策の完全防備をオススメします。
私は油断してちょっと首が焼けました。。。

コメント

  1. Keiko より:

    ロズレさんの人間としての奥行きを感じました。
    そうかぁ、阿修羅さんもたまには羽を伸ばしたいですよね。
    背中も見てもらいたいですよね。
    昔はそうだったのに・・・と思っておられることでしょう。

  2. ラ・ロズレ より:

    厳格な信者の方には眉をひそめられるかもしれませんが、
    「興福寺では通常壁面のガラスケースの中で展示されていますが」
    と聞くと、嬉しいのは私たちだけじゃないかも?と・・・^^;
    仏像はよくわからない・・・という人も、阿修羅さんには絶対悩殺されるはず。
    それはもう宗教が違っても像はそうですよね。

タイトルとURLをコピーしました