高層マンションから見る気象現象

今日の東京はものすごい雷雨に見舞われました。
ニュースによると、気温が高いために空気がうんちゃらかんちゃらだそうです。
高層マンションからはそのうんちゃらしている様子を見ることができました。

なんだか空が暗くなった。
新宿のあたりで稲光が見える。
あの辺真っ暗だ。
六本木のあたり、品川のあたり、東京湾のあたりと、順に稲光が西から東へ移動していきます。
羽田空港の辺りがヤバそうと思ったら、やはり離着陸が止まってしまっていました。
その一部始終がわかりました。

災害を考えると家の窓からの景色を楽しむと言うわけにはいきませんが、気象現象をつぶさに眺められるのはなかなか興味深いものがあります。

我が家地方は、新宿・渋谷ほどの雨ではありませんでした。
雷雨がかすめ過ぎる途中で大暴風が吹き荒れ、ベランダのバラたちは新体操選手もびっくりな柔軟をみせてくれました。
折れはしませんでしたが、ナケナシの葉が舞い散りました(涙)

明日は今日よりも、もっともっと暑いとか。
今年も鉢に100均のアルミシートを被せようと思っているのに、ベランダに出る気が起きません _| ̄|○

コメント

  1. もも より:

    ベランダへの窓を開けただけで心が折れる天気でした。
    高いところでは気象が見えるのですね。
    昔高い所にあるホテルに泊まったら、下界に雷がたくさん落ちるのを見ることができました。あんな感じかな?

    • ラ・ロズレ より:

      下界に雷!それは飛行機で見たことがありますが、我が家はそこまでは高くありません^^;
      ただ東京の西から東までの空が見渡せて雷雲が移動していったのがわかった、、、という感じです。
      東京の家の窓は、窓の構造や隣家の都合で1方向しか見えないことが多いので、2方向が開けているとちょっと見えるものが違ってきます(^^)

  2. ゆめ より:

    車に乗っていれば大丈夫!
    わかっているけど、頭上で割れるようなバリバリっ!!すぐ先に落ちたかと思えるような稲光。
    ロズレさんの目線の先、西の空の下では
    冠水を避けるルートを指示し続けるナビが、ありがたいような、でもそんな余裕無いような。クタクタの運転をしていた私でした〜。

    新体操の選手もびっくりな柔軟
    ロズレさんらしいかわいくて、すてきな表現だな〜とニコニコさせていただきました。
    疲れ、吹き飛びました(^^)

    • ラ・ロズレ より:

      まぁ!あの中を運転して!?
      あの雷雨は尋常ではありませんでしたから大変だったでしょう、よくぞご無事で!
      ナビは冠水まで考慮してくれるのですか、、、なんてこと知らずに生活している私は幸せですね^^;
       
      今朝ベランダ作業をしていたら、大粒の汗がメガネに落ちまくって何度も前が見えなくなり、作業半分で挫折しました。

  3. Keiko より:

    イタリアも北部では大変なことになっているようです。
    うちの方は、普通の雷雨止まりでしたが。

    >ナビは冠水まで考慮してくれるのですか、、、
    私も知りませんでした。おそらく日本限定のサービスかな?

    • ラ・ロズレ より:

      世界中災害だらけですね。
      ナビは、確かに、日本のサービスかもしれませんね。
      どんなものか一度見てみたいよう、見たくないような。
      今年も既に被害が出ている梅雨末期です。