バラ見物フルコース別腹デザート付

ばらフェスタ2019 に行ってきました。

ばらフェスタ2019 ~世界をめぐるローズショー~
【開催日時】2019年5月15日(水)~5月19日(日) 9:30~17:30
【会  場】横浜港大さん橋ホール
【 入場料 】〔前売〕 1,200円

昨年まで埼玉で開催されていた国際バラとガーデニングショウの代わりと言ってよいのでしょうか。
展示の雰囲気はこんな感じです。

阿部容子さんとローラン・ボーニッシュさんが頑張ってくれていました。
横浜とバラとの関係のコーナーが今回の独自性をアピールしていた感じです。
とはいえ、大さん橋ホールは西武の野球場に比べれば圧倒的に面積が小さいので、過去の国際バラとガーデニングショウを知っているとどうしても少し寂しい気持ちになってしまいます。
あの押すな押すなの混雑もなく、来年はどうするのかしらんと思いました。

大さん橋の隣は山下公園です。
バラが溢れんばかりに咲いていました。

今回のメンバーは、義姉(5人兄弟姉妹の一番上)夫妻、義兄(5人兄弟姉妹の真ん中)夫妻、我が家(5人兄弟姉妹の末っ子)の計6名です。
K家でバラにはまってしまっているメンバーです。

大さん橋から山下公園に移動すると「さっきのが1200円?こっちの無料の方がよっぽどいい」と大絶賛。
大さん橋の展示がそんなにダメダメだったわけではないのですが、やはり本当に実際に植わっているバラの魅力は絶大であると改めて思いました。
室内展示と比較するのはフェアじゃないと言いたくなるくらいに別物ですね。

山下公園はバラ園というよりも公園としてかなり綺麗にバラを配置しているし、氷川丸が背景にいて港っぽさも出るので、大喜びでした。
ただ、ちょうどトライアスロン開催と重なってしまったので、バラの横にコースができていたり人の量がすごかったりで落ち着けなかったのが少し残念です。
でも大さん橋からスイムを見たり公園でものすごいスピードのバイクを見たりして物珍しかったし、お店がたくさん出ていてジュースやビールで休憩もできたので文句は出ませんでした。

大さん橋があまり広くなく早めに終わったので、山下公園を見てもお昼まで少し時間に余裕があり、悩んだ結果少しだけ港の見える丘公園もと強行しました。
きつかったけれど、港の見える丘公園のバラも満開でした。

港の見える丘公園は、山下公園とは少し違ってイングリッシュガーデンを作り込んであるので雰囲気が良いです。

そして、中華街で昼食。(飲茶ランチ

飲茶ランチの一品

食事をしながらもバラの話題で盛り上がります。
義姉がピエール・ド・ロンサールのことを「ピエール・ドロン」と呼んでいました。
アラン・ドロンの親戚だったのか!?
ええ、ええ、間違ってはいませんとも、ちょっと短くなっているだけですとも。

ゆっくり食事をした後は、横浜イングリッシュガーデンへ。

大人が大人数いるし、すでに結構歩いているので、贅沢に中華街でタクシーを拾いました。
3人ずつに分かれたのですが、我々の乗ったタクシーはすんなり連れて行ってくれたのに、もう1組の方の個人タクシーの運転手さん(かなり高齢だったとか)は横浜イングリッシュガーデンを知らなくて大変なことになりました。
場所知らないって!とLINEが入り騒いでいたら、こちらの運転手さんが「平沼橋の住宅展示場って言えばわかるよ」とアドバイスをくれて向こうのメンバーに電話して・・・とてんやわんやでした。
まっすぐ行けば料金2千円ちょっとくらいのところ3千円かかったそうです。

そんなこんなで横浜イングリッシュガーデンです、ここも満開でした。

さすがのiPhoneもこの角度の光調節はキビシイ

当然のことですが、ここも大好評。
趣味の園芸のテレビを見て河合さんもよく知っている人たちです。
ガーデナーはベランダーとは視点が違いますから私にはどの辺がとはよくわかりませんが、庭造りの参考になってくれればと思います。

ここで、横浜のバラ見学コースは終了です。
横浜の「みなとエリア」の主だったバラスポットは網羅しました。

しかし「旧古河庭園のライトアップが見たい」との要望があり、この後上中里へ向かいます。
バラに手を抜かない人たちです(笑)

旧古河庭園、大正時代に建てられた財閥の邸宅でジョサイア・コンドルの作です。現在は都立庭園となっています。

ものすごい人混みで、バラの数より人の数の方が多いのではと思いました。

この人の数ったら!

テレビの撮影が入るので照明のテストをしているとかでやたら眩しいし、人は芋洗いくらいたくさんいるし、バラなんか全然見ている場合ではありませんでした。

というわけで、、、

これにて、長い長いバラづくしの1日が終了です。
気がつけば足パンパン。へろへろでした。
5年分くらいバラ見たと言われました(笑)
満喫してもらえて良かったです。

個人的には・・・
バラを見に行ってこんなに写真を撮らなかったのは初めてです。
一眼は持っていかなかったのでiPhoneでちょこちょこっと記念撮影のみ。
なんだか普通の人になったみたいでした (^○^) アハハ・・・

コメント

  1. Keiko より:

    拝見した私も満喫させていただきました。
    横浜にこんなにバラスポットがあったとは。

    山下公園、港の見える丘公園ともに見事ですねー

    >我が家(5人兄弟姉妹の末っ子)
    つまりご主人様もバラがお好きなのですね。バンザーイ!

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      あ、そうか、そうなるか。
      間違えました。
      参加者6名、うちバラにハマっている人5名です。
      1名はまったくバラを好きではない人でした。
      お詫びして訂正します。

      横浜がずっとずっとバラの街でありますように!

  2. Keiko より:

    >1名はまったくバラを好きではない人でした。

    そんなぁ、きっとロズレさんがお育てになっているバラを
    横目で見て「いいね!」と心の中で思っておられることでしょう。
    だって全く好きでなければ今回の集いもパスなさったのでは?

    • ラ・ロズレ より:

      末の弟は最年長の姉に全く1ミリも頭が上がらないものです。
      嫌いではないと好きは決定的に違うのですよ。
      ほかのメンバーは猫可愛がりと同じレベルでバラ可愛がりしますから。

  3. もも より:

    パーフェクト!
    件のツアーの上を行ってますね。
    最後に旧古河庭園までねじ込むとは、みなさんタフでいらっしゃる。
    5年分? 分かる気がします〜♪
    足パンパンになるでしょうとも〜。
    5名の方は最高の1日だったのではないでしょうか♪

    ロズレさんはカメラに興じる暇がなかったでしょう。不完全燃焼は起こしませんでした?

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      カメラには不完全燃焼ですが、バラには燃焼しました。
      一眼を持ち出すのは秋でもいいかなという気になっています。
      ひとりでゆっくり思いのままに撮りたいものです(笑)
      5年分とか言いながら、近隣(自県)のオープンガーデンに行く打ち合わせをしっかりしているところが精神的にもタフな人たちです。
      秋で良いか・・などと思う私が一番ダメダメかもしれません^^;

タイトルとURLをコピーしました