2020年の始まり

我が家はオリンピック選手はいないしチケットは申し込んだけれど当たらなかった組なので、なにか特別な年というわけでもなく、例年通りに年を越した感じです。

というわけで、いつものように猫とバラです。

あ、その前に「たなくじ」記録。(「年越しをご一緒にスペシャル」)

おや、何やら変化が?
あるのかしらん。わくわくします(^^)

そして年始の猫。

ミー「兄ちゃん乗ってく?」
下女(私)の足の上でTVを見るミー
キッチンカウンターはクーの定位置
ふわふわ王子クー

そして、冬のバラ。
北関東の朝は凍ります。

落ち葉
上の方もしゃりしゃり
凍った蕾

地植えのバラも大変です。
葉が凍り蕾が凍り土が凍ります。
日が昇ると霜は徐々に溶けていきますが、蕾は開くことはないでしょう。
雪が積もるわけではなくとも、こうして凍るのもバラにはちょっときついでしょうね。

新しい年になり、しばらく寒さに震えると、新しい春がやってきます。

コメント

  1. Keiko より:

    雪が積もると中は暖かいのですよ。
    子供の頃、福井県の豪雪地帯に住んでいたので。(笑)

    バラには冷たいからっ風が一番きついことでしょう、
    もちろんゴルファーたちにとっても。
    凍った地面にぶつかって、ボールがやたら遠くに飛んでいきました。^^;

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      建物の陰になるところではさすがにバラも育ちにくいようです。
      空きスペースにして春に草花を植えるそうです。
      毎年違う1年草でバラとのコラボを楽しむのもいいかもしれません。
       
      地面が凍っているとボールがよく弾むそうですね(^^)
      池の氷にボールが乗った話もありましたっけ。
      年末に運送会社さんが、コンビニに集荷に行くとゴルフバックがたくさんあってとこぼしていました。
      関東は良いお天気だったのであちこちでボールが飛び交ったことと思われます。

タイトルとURLをコピーしました