ポイントに目覚める

ポイントカードでお財布がパンパンという時代は過ぎました。
それでも各店舗で支払い時に「ポイントカード(最近ではアプリが多くなったかな)はお持ちですか?」と聞かれるのは今でも変わりません。
私はよほど頻繁に利用するお店以外はそんなの無視していました。
しかし!

昨日、そのよほど頻繁に利用するお店たち(駅ビル全体)で、ポイントが溜まって、ちょっとした洋服(ちょっとしたですよ)を289円で買えたのがなんだか楽しくて、塵も積もれば山となるって本当だなぁと実感しました。
ポイントって面倒ではあっても、やれ期間限定だ、やれ今日ならお得だ、という煽りに踊らされなければ、損はしないものでしたね。

それから、
年齢割引ってありますよね。
例えば、神代植物園だったら、大人500円、65歳以上250円。
例えば、京成バラ園だったら、大人1200円、65歳以上900円。
65歳まではまだだいぶあるので、あまり我が事として気にしていませんでした。
でも、近くのドラッグストアでもっと幅の広い年齢割引があることに気がついてしまいました。
知らなかった。損してた。
急いで会員登録しました。
書類に誕生日を書くだけで、特に運転免許証などは確認されず。
顔を見ればわかるって?^^;

ポイントカードでお財布パンパンの代わりに、アプリでスマホパンパンになるのもちょっと嫌ですが、ボーッと生きているわけにもいかない難しい世の中を華麗に渡るおばさんを目指して、まずは5%オフとか毎月何日は10%オフとか、覚えるの大変ですけれどせっせと脳トレしてみようと思います。

コメント

  1. あえか より:

    そのお店限定のポイントカードはまだいいんですけど、
    共通のポイントカードっていうんですか、
    同じものを買っても、A店はTで、B店はRで、とごちゃごちゃしちゃって。
    5%オフの日はいつで、チャージしたらポイントがもらえる日がいつで、
    結局、今日は何がお得???となって、面倒だなと思っていたんです。
    そっか「脳トレ」と思ったらいいんですね。
    脳トレしてお得になる、一挙両得狙えそうですね。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      割引とポイントがごっちゃになりそうなのが面倒ですが、普通に定価で買うのが損なわけではないので間違っても失敗しても気にせずに、ちょっとゲーム感覚でもやってみれば良いのかなと思いました。
      主婦の楽しみになれば、今日は何日何曜日と、更に何の割引日と、すらすら言えたらそれはそれで悪いことではありませんものね(^^)

  2. Keiko より:

    そのお店限定のポイントカードはまだいいんですけど、
    共通のポイントカードっていうのは気をつけたほうが良いと言っています。

    つまり、カードを作る度に個人情報を与えているわけで、
    それが小さい範囲に収まっているうちは良いけれど、
    総合的にカード所有者の行動範囲や思考などがすっぽりと掴まれてしまうと
    将来的にないか怪しいいことに使用される可能性が無きにしもあらずと。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      名前と住所と電話番号と生年月日を書きました。
      でもメールやクレジットカードは含まれていないので、オンラインの買い物よりはマシではありませんか?
      どこのお店に行ってもレジであれこれ聞くのさえやめてくれたら私も無理に頑張る気はないのですが、時々ほだされたりしちゃいます^^;

  3. もも より:

    もうポイントカードはできるだけ作りたくないんですよねー。
    たくさん買うわけじゃないので、たいしてメリットもありませんし(笑)。
    ザルとか空き缶とかにお金を入れるお買い物をするので、小銭だけでお財布かさばるんですもの~(笑)。
    難しい世の中を華麗に渡るって大変ですよね~。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      駅ビルはメリットがあったのですよ。
      それを知った時、持ってて良かった!となったわけです^^;
      年間の消費をざっと考えて対象ポイントカード(またはアプリ)を吟味してみます。
      少額なものや期限のあるものは除外ですね。
      ザルと電子を使い分けるのもかなり華麗ですよ、そういう人ってあまり多くないと思うので(^^)

タイトルとURLをコピーしました