1日1(T_T)

玉ねぎ嫌い

今日はちょっとだけ顔が違います (T_T)

コンビニでパンと一緒に珍しくサラダを買ってみました。
ゴボウとかヒジキとかが美味しそうだったのでついそそられて。
しかし、食べてみると玉ねぎの味がっ!
ポテトやツナは玉ねぎ危ないので気をつけていますが、まさかゴボウでやられるとは。
半分くらいは我慢したのですよ、でも半分でギブアップ。
食わず嫌いではないのです、食べて本当に嫌い。
口の中が玉ねぎの味になって猛烈に後悔しました(T_T)
コンビニもデパ地下も、サラダは玉砕率高いです。
わかっているのに見た目が美味しそうなので性懲りもなく玉砕しちゃうのよね。。。


美容室に求めるものは

今日、はじめての美容室に行きました。
今まで行っていたところはとっても気に入っていたのですが、あれやこれや(長くなるので割愛)諸事情で新規開拓中です。
お店によってずいぶん違うものです。
今までのところがあまりにもお洒落だったので尚更です。
美容師はファッションもお洒落なお嬢さんor良さげな男子 → 私より年上?で床屋さんみたいな白衣の女性陣
お店のインテリアが素敵 → とりあえず白い壁
雑誌はiPad → いわゆる雑誌
グラスにコースターにストローのレモネード → 水かお茶でプラカップ
ふかふかクッションあり → 特に何もなし
でも、
ヘアスタイルは私のはバッツリ切るだけなので問題なく希望通り出来上がり。
駅近なので帰りに雨が降ってきたけれど問題なーし。
金額は似たようなもの。
要するに何を求めるかということですよね。
際立ってド下手な人がいるわけではなし。
ラグジュアリーに癒やされに行くか、結果が良ければOKな実を取るか。
JRの大きな駅ってコンビニと争えるくらい美容室があるのですが、選ぶの難しいです。
もうちょっとほかを探そうか・・・でも割引き券くれたからな・・・もう一度行ってみて考えるかな・・・


宇宙のランデヴー

[タイトル] 宇宙のランデヴー〔改訳決定版〕
[著者] アーサー C クラーク
[形式] Kindle版
[金額] ¥853
[内容] 時は2130年、太陽系にやって来た謎の物体”ラーマ”とランデヴーするSF

[感想]
アーサーCクラークの一般的な有名どころは2001年宇宙の旅だと思うが、それよりもわかりやすくて面白い。
宇宙人だのという濃いめのSFではなく、どちらかというと薄めのSFなので、コアなSFファンには物足りないかもしれないが逆に言えばたいへん読みやすいと言えると思う。

[雑記]
BSプレミアムの番組「コズミック フロント☆NEXT」で太陽系外からやってきた物体を取り上げていて、研究者たちが発見されたばかりで解明前のその細長い物体をとりあえず「ラーマ」と呼んでいて、それはこの本『宇宙のランデヴー』の円筒形の物体をイメージした命名だった・・・と聞いたので読んでみた。
研究者はみんなアーサーCクラーク読んでるな・・・というか・・・そういう本を読でいる人が研究者になっているのか?
現実に太陽系外からやってきた物体は正式には発見したハワイにちなんで「オウムアムア」(ハワイ語で「初めての使者」)と命名されている。

2077年地球に大隕石が降ってきて、パドヴァとヴェローナが地上から払拭、ヴェネツィアはアドリア海に没する・・・どうかこんなことにはなりませんように。それにしてもヴェネツィアはいろいろな理由で沈むな。

コンピュータが「ねぇちょっと!面白いものがありますぜ!」という信号を出す、ここ爆笑。

ラーマはインドの国民的叙事詩「ラーマーヤナ」からとった名前。ギリシアやローマの神話からはもうネタ切れだそうな。

空間(スペース)天文学は金のかかるホビーで・・・ってホビーですか、そんなこと言われて良いのですか、研究者の皆様。

科学技術レベルの格差が甚だしい同士の文明の出会い
ピサロとインカ、ペリーと日本、ヨーロッパとアフリカ
ここ、ペリーと日本が入るかな、そうなのかな、アメリカではそうなのかな。

フェアバンクスやコネリーやヒロシら映画のヒーローたちが・・・
ヒロシって誰???

侵入したラーマの内部には音がなかった。
人間の五感は常にインプットを要求する。それを奪い取られると自らその代用品を作り出す。
それで乗組員に幻聴が聞こえた。

コンピュータの中で回路が閉じれば迷路の息を吹き返す。
理科苦手な私は「閉じる」に違和感。
でも理科では、スイッチを入れて回路がつながり電流が流れる状態になることを「回路を閉じる」というらしい。

読めなかった漢字。
登攀 → とうはん、これは完全お手上げだった
雀躍り → 小躍りのことを雀躍というところ、雀躍りでこおどりと読ませられた
闖入 → 読めたことは読めたが、門の中に馬がいるんだっけと画面の小さい文字をガン見した


1日1(^^)

チロルチョコの新製品発見♪


なぜかこれ1つだけだと気が引けてしまう消費者心理やこれ如何に。
無駄にハッピーターンとかレーズンサンドとかも一緒にレジに持っていってしまった^^;


1日1(^^)

お菓子を用意するか、イタズラに耐えるか。

「2355」(Eテレの番組)でトビハゼのトビーくんがそう言っていました。
そうか、耐えるという選択肢もあったのね。
トリック オア トリート!
じゃ、トリックで、って?(^^)