読書記録一覧

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

[タイトル] ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
[著者] 向山淳子、向山貴彦
[形式] Kindle版
[金額] ¥1,123
[内容] 英語学習本

[感想]
ミリオンセラーと言われるだけあって、面白くてわかりやすいとても良い本だと思った。
「世界一簡単な英語の本」というタイトルもそんなに大げさでもないかもしれない。

[雑記]
英語学習マイブームというのが何(十)年かおきにやってきます。
そのたびに本を買ったりCDを買ったりラジオを聞いたりしたものです。(遠い目)
今回またそのブームが巡ってきました。
きっかけなどはないのです、なんとなく降臨するのがマイブームです。

この本は「英語のしくみ」を説明するという趣旨で、しかも英語の「文法」ではなく英語の「しくみ」なのです。
最初に著者の考え方が載っているのですが、それが私が日ごろ思っていることと同じでした。
そういう人の言うことってすんなり頭に入るのですよね。
これで気持ちよくブームに乗れそうです。

昔々は英語の勉強といえば英会話だと思っていました。
でも途中で気がついたのです。
私、英会話いらない。というか二の次でいい。
何故なら、私のゴールは、ついうっかり買ってしまった英語のバラ本を読むことだから!
オースチンさんとか何だとか、読めもしないのに何冊か買ってしまっています。
これさえ読めれば私は満足。海外でお土産買えなくても電車に乗れなくてもいい!
とはいえ、そのゴールは果てしなく遠いです。
英語の新聞を読めるくらいにならないとダメかもしれない?
でもね、著者さんのこういうアドバイスも好きです。

Q
何冊くらい本を読めば英語ができるようになりますか?
A
人が呆れるほど読めば、人が呆れるほど英語ができるようになります。ちょっと感心するくらい読めば、ちょっと感心するくらい英語ができるようになります。でも、最後まで読み通せば、一冊でもかなり違いは出ます!

私は今まで、学生の頃からずっと、英語の試験を日本語の能力で乗り切ってきました。
ここにこの単語があるということはこの文章はこんな意味では?でリーダーを乗り切り、グラマーはまぁ運にまかせる・・・^^;
それだけで来てしまいました。
つい最近もフランス語で同じリーダー推理を働かせて喜んでいました。
でもそれではバラ本は読めないとちょっと(ちょっとね)反省中です。
オースチンが読めるまであと150年くらいかかりそうな気もしますが、あと3年位でちょっと感心するくらい何かを読めたらいいなと思います。
その前にマイブームが終わらないことを祈るばかりです。


失われたバラ園、野ばらハンドブック

[タイトル]  失われたバラ園
[著者]  さわだ まり(イラスト), はかた たん(著)
[形式] 本
[金額] ¥1,512
[内容] 2011年まで福島の双葉町にあった「双葉ばら園」と園長の岡田さんを題材にした絵本

[感想]
原発事故で失われたバラ園の悲しい話だが、絵が優しくて可愛らしいのと、語り手が「クイーンエリザベス」(バラの名前)なのがほのぼのして救い。


[タイトル]  野ばらハンドブック
[著者]  御巫 由紀(著), 大作 晃一 (写真)
[形式] 本
[金額] ¥2,160
[内容] 野ばらとその仲間の全34種類がわかるフィールド図鑑

[感想]
フィールド図鑑ということなのでポケットサイズだが、内容は濃い。軽くは読めない専門的な(または超マニアックな)内容。写真は大変良い、というか詳しすぎて楽しい。


[雑記]
バラ本を一気に2冊購入。

双葉ばら園は、ご存知と思いますが、福島県の双葉町にあったバラ園です。
双葉町は現在、東日本大震災で起こった福島原発事故の影響でほぼ全域が帰還困難区域に指定されています。
ふわふわっとした絵が鳥もバラも可愛くて、でもだから余計に切ない本。
30ページ程度の本当に絵本です。

御巫さんの本はスゴイですよ。
超絶詳しくて学術的です。
野ばらたちの蕾だけを並べた写真とか、雌しべだけを並べた写真とか、実だけを並べた写真とか、実の断面を並べた写真とか、標本みたいで非常に私好みです。
バラの写真も、バラ園のようなところではなくそれぞれのバラが生息しているところの写真で、『野ばら』『フィールド図鑑』そのもの。
さすが御巫さんです。
でもこの本どういう人が買うのでしょう。
こういう本を持ってフィールドに出る人って何者?


狐笛のかなた

[タイトル]  狐笛のかなた
[著者] 上橋 菜穂子
[形式] Kindle版
[金額] ¥429(購入時保有Amazonポイント利用後)
[内容] 特殊な『力』を持った少女、霊狐、少年、隣り合う二つの国の争い、というテイストのファンタジー

[感想]
上橋さんは話題作(大作)から入ったので、ちょっと小規模の話しも読んでみようかと。
でも上橋さんの世界はすべて内包されているもの。
守り人シリーズや獣の奏者は規模が大きいので、まったく読んだことがない人はこの辺から入ってみるのも手かも。
これが読めなかったら守り人シリーズや獣の奏者はキビシイでしょう。
今年は『鹿の王』(2015年本屋大賞受賞)の先の物語も出ているので、ひとつきっかけになれば。

ストーリーとしては、あら、そう来る?と思ったけれど、それは好みの問題。
評価ではない。


バラ大図鑑:イギリス王立園芸協会が選んだバラ2000

[タイトル]  バラ大図鑑: イギリス王立園芸協会が選んだバラ2000
[著者]  Charles Quest‐Rison ,Brigid Quest‐Rison(原著)
[監修] 小山内 健
[形式] 本
[金額] ¥5,940
[内容] バラ図鑑

[感想]
大型本: 448ページ
梱包サイズ: 28.4 x 23.2 x 3.4 cm
という図鑑。
写真集などではなく、どこからどう見ても図鑑。
ものすごく見ごたえがある。

[雑記]
この文章↓↓↓を読んでついついポチリと・・・

世界中のバラ愛好家にバイブルとして愛読されている本書。イギリスはもちろん、欧米各国で重版を重ね、2019年3月1日に、満を持して日本で翻訳版が発売されることになりました。専門家も驚くその情報量と情熱。バラを愛するすべての人におすすめした1冊です。

amazon 内容紹介より

図鑑なので1ページ1ページ読むようなものでもなく、つらつらと眺めているだけだがすごい。
量もすごいし重さもすごい^^;

ぱっと見た特徴は、ひとつひとつのバラの説明文が結構長い。
その説明は栽培者向けで専門的。
日本の図鑑でこれだけたっぷり書いてあるものはないかと思う。
だから大型で重い本なのだろうけれど。

最初のハードルは、見たくなったらすぐ取り出せるところにしまうこと。
この巨大な本、そんな場所はどこなんだ?


ジーヴズの事件簿

[タイトル] ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻 ・大胆不敵の巻
[著者] P・G・ウッドハウス
[形式] Kindle版
[金額] ¥503・¥594
[内容] 英国のユーモア小説

[感想]
ユーモア小説というくらいなので、ほのぼのと面白い。
意見が分かれそうな気がしないでもないけれど個人的にはわりと好きな路線。

[雑記]
実は以前紙の本でいくつか読んでいたのだが、今回Kindleで傑作選のようなものが出ていたので多少のダブリは覚悟で購入。
Kindle化はおそらく、上皇后様が皇后様時代にジーブズを読んでいると発言されたたために整えられたものと推察。
有り難いことでございます。

ジーブズは執事の名。
英国で執事がいるのは上流階級。
自分で働かなくて暮らしていかれる人たち。
そこのバックグラウンドが好き嫌いが分かれるかなと思わないでもない。
でも、刑事コロンボとかルパン三世カリオストロの城とかエロイカより愛をこめてとか様々見るにつけ、執事は良い、とても良い。

そんな娯楽要素のあるお話。

それを、結構前に読んでいたのにバラが咲いてすっかりフィーバーしてしまっていたためにBlogに書くのを忘れておりました。
次の本を書こうと思ってジーブズが抜けていることに気が付きました。
やれやれ。
これは自分の必要記録事項なのでかなり後付になりますが書き加えておきます。


AWAY-アウェイ-(1)

[タイトル] AWAY-アウェイ-(1)
[著者] 小松左京、萩尾望都
[形式] Kindle版(マンガ)
[金額] ¥0【期間限定 無料お試し版】
[内容] ある日突然18歳以上の大人が消えてしまったら・・・

[感想]
小松左京さんの短編「お召し」を原案として(原作とは少し違う)萩尾望都さんがマンガにしようと思ったくらいなので、なかなか面白い設定。
小松左京さんのほうでは12歳がボーダーラインのようだが萩尾望都さんのほうは18歳がいなくなる分かれ目。
子供の世界の最年長は高校生。
高校生ならかなりのことができる。
良いことも悪いことも。

[雑記]
次に読む本をダウンロードしようとしてふと目についた【期間限定 無料お試し版】の文字。
期間限定無料につられてついダウンロード。
なかなか面白かったので次の巻はと見ると・・・

実はこのコミックは1巻・2巻(各589円)それぞれ紙の本しかない。
Kindle版は2巻セット(864円)しかない。
つまり、1巻目が無料で、589円の本を買うよりお得というのはたしかにそれはそうなのだけれど、Kindle版を買おうと思ったら2巻まとめ買いするしかなく、なんとなく腑に落ちない。
試し読みというのは、本の最初の数ページを公開して続きを読みたいと思ったら買ってねというシステムであるし、確かに1巻目は「無料お試し版」と書いてあるので、お試しの分量が数ページからまるごと1巻になったスペシャルサービスなのだろうけれど、、、やっぱりなんとなく腑に落ちない。

というわけで、2巻目は読まずに、話の結末不明。
まぁいいやということにした。

原案となった小松左京さんの「お召し」はKindle版になく、他の電子ブックにはあるけれどこのために他のアプリを入れるのもなんだかなぁで、こちらも読まず。

結局、無料というのはそんなに得するものではないのだと、世の中そんなにオイシイ話があるわけではないのだと、そんなオチ。


われらはレギオン1 AI探査機集合体

[タイトル] われらはレギオン1 AI探査機集合体
[著者] デニス E テイラー
[形式] Kindle版
[金額] ¥972
[内容] 人が死後にAIとして蘇ったら・・・というSF

[感想]
AI(人工知能)や3Dプリンタなどが当然のイマドキのSF。
交通事故にあって目覚めたら身体は無くてAIになっていて、でも人間の記憶や知識はすべて失われていなくて、そして自分のバックアップやコピーが当然のように存在する・・・というなかなか面白い発想の物語だと思った。

[雑記]
生存していた時に死後にAIとして蘇らせる契約をして望んでなった状況なので、特殊なヒーロー系の話と捉えて良いと思われる。
とはいえ、自分が再起動されたりバックアップから起動されたりするのは、どんなものなのだろう?

舞台は地球から宇宙へと進むわけだが、アメリカの人はほんとにスタートレック好きだな。
彼らの宇宙はスタートレックでできている。

あと、アメリカ人は眉が動かないと喋れないらしい。
片方の眉を上げるとかそういうことができないとダメらしい。
そういえばイタリア人は手を動かせないとしゃべれないとかいう笑い話があったっけ。

AIの役目は、端折って一言で言うと、滅亡寸前の地球(2133年だそうな)に残った人類を移住させる星を見つけること。
いくらAIといえどもこの広い宇宙をひとりでカバーできないので、自分のコピーをたくさん作る。
そういうわけでレギオン(Legion 軍団)であり副題のAI探査機集合体である。
オリジナルの人間がボブだったので、コピーでできた複数のAIは「ボブたち」と表現される。
同じようなのがたくさんいるミニオンズみたいでちょっと笑える。

宇宙で生命に出会って、それが自分たちより少し遅れた文明だった場合、干渉するのかまたはしないのか、石の使い方や槍の使い方を教えないのか、不干渉は人間の倫理であってAIの倫理ではないのか。
そのへんは2001年宇宙の旅っぽい。

データコピーでできたボブたちの性格が皆少しずつ違う。
確かに人間にはいろいろな面があって自分の中に多様性はあるけれど、データにも優性遺伝があるのかな。
そういえばスターウォーズのストームトルーパーも元は「ジャンゴ・フェット」の遺伝子だったっけ。
クローンも似たようなものなのか?

ということで、
面白かったことは面白かったのだけれど、疲れたから1巻目で止めておく。
3巻まであって、完結したので新聞の誰々さんのおすすめコーナーみたいなところに載っていたもの。
でも次に行こう、Amazonの欲しいものリスト、いっぱいなんだ〜


モモ

[タイトル] モモ
[著者] ミヒャエル・エンデ
[形式] Kindle版
[金額] ¥864
[内容] 時間泥棒に盗まれた時間を取り戻した不思議な少女モモのお話

[感想]
昔読んだことがあるようなないような、記憶がなかったので思いついて読んでみたもの。
名作、ベストセラーとされているが、読んでも覚えていなかったか又は読まなかったか、記憶に引っかかっていない理由がわかった。
なんと!私はこの本は好みでない・・・。

[雑記]
面白くないわけではない、ただ好きではないだけ。

それで、どうしてだろうと書評などいろいろ見ていてウィキペディア(Wikipedia)に行き着いたところ、こんな記述が。

またファンタジー作家の上橋菜穂子、荻原規子はエンデ作品が苦手であると述べており、上橋は『モモ』について、思想やイデオロギーを語るために物語が奉仕してしまっており、自分の好きな物語ではないと述べている。

ウィキペディア(Wikipedia) モモ (児童文学)

まさか上橋さんがこのようなことを言っているとはびっくり!
難しいことはわかりませんが、上橋さんの作品が好きな私がモモを苦手な理由がこの辺にあるのかなと・・・。

世界の人が皆同じものを好きだと思ったり面白いと思ったりするわけがないので、これはこれで、そういうことで。


奈緒と磐音

[タイトル] 奈緒と磐音
[発行] 文藝春秋
[形式] 本
[金額] ¥788
[内容] 「居眠り磐音 江戸双紙」の外伝

[感想]
シリーズ51巻を読破しているので、お久しぶり♪という感じで楽しく読んだ。
ストーリーはほとんどすべて本編の伏線なので、この1冊単独で読むものではないと思う。

[雑記]
双葉文庫から文春文庫に変わって決定版と銘打って再出版されるのと、映画化されるので出た外伝。

その昔、何も知らずにふと見たNHKで、なにこれ面白い!変わった時代劇!と思って原作に触ったのがそもそもの始まり。
その時はまだ原作も数巻しか出ていなかった・・・と思う。
テレビ放送が終わっても(TVって端折っていいとこ取りしてなんとなく話まとめて終わっちゃうから)原作の方では話がどんどん進み、最後まで読み切ったのだった。

あの頃、私は神保町の会社で働いていて、神保小路はこの辺かなと思いながら会社の周りを歩くのがとても楽しかった。

映画はテレビとは役者が全員違うもよう。

本というのは、どうにも難しい漢字に遭遇するもので。

鬩ぎ合う(せめぎあう)
拡大するとわかるが、部首は門構えではなく「鬥」(とうがまえ・たたかいがまえ)。逆立ちしても書けない字。

靡く(なびく)
これも拡大するとわかるが「ホホ」で「木木」でないところが難しい。

壟断(ろうだん)
利益や権利を独り占めすること、だそうな。
こんな言葉日常で使わない(T_T)


ファッション色彩[1][2]

[タイトル] ファッション色彩[1][2]
[発行] 財団法人 日本ファッション教育振興会
[形式] 本
[金額] [1]¥463 [2]¥496
[内容] ファッション色彩能力検定参考書

[感想]
色彩理論の概要と基礎。勉強になったが面白いものではなかった。

[雑記]
検定試験を受けようということではなく興味本位で読んでみたもの。
概要と基礎は読んで面白くないのであっという間に忘れそうな予感。
1000円もしていないのでまぁ余興ということで。

今回のピックアップ。

モーブ(Mauve)というのは『発見』されたものである。
染料の発見、つまり色の発見!?

新橋色というものがあることを知らなかった。
wikiによると、
新橋芸者の間で流行したわずかに緑がかった明るい青色
別名今春(こんぱる)色
とのこと。
初めて聞いた。
#59b9c6

かさねの色目の「薔薇(そうび)」
表:紅
裏:紫
現代の発想ではバラっぽくない気がする

薔薇色 あざやかな赤
ローズピンク 明るい紫味の赤
オールドローズ やわらかい赤
ローズ あざやかな赤
ローズレッド あざやかな紫味の赤
(色名一覧より)
オールドローズは我々の知るバラの種類ではなく、オールドな感じのローズなのだろうな。

この本は今後処分の対象となる。